TOP » 横浜で分譲賃貸に住むメリット・デメリット » 整った設備!分譲賃貸のメリット

整った設備!分譲賃貸のメリット

グレードの高さが分譲賃貸のメリット!

分譲賃貸のマンションといえば、一般的な賃貸物件と比べて設備や構造、アメニティなどがしっかりしている点がいちばんのメリットといえるでしょう。具体的には、以下のような点が挙げられます。

グレードの高い共用スペース

重厚感のある外観デザイン、高級ホテルのように落ち着いたエントランスロビーなど、一般的な賃貸物件と比べてグレードの高さが分譲賃貸の特徴です。

セキュリティ面でも充実しており、オートロックや防犯カメラはもちろん、管理人が常駐している物件もあります。お子さんがいるご家族でも、安心して暮らせる点も分譲賃貸のメリットといえるでしょう。

設備が充実している

基本的に、そのマンションで一生暮らすことを前提に建てられた物件ですから、設備の品質や充実度が高いという点が分譲賃貸のウリでもあります。

いちばんわかりやすいのは、水まわりの部分。システムキッチンは標準で、食洗器やディスポーザーが備わっている物件もあります。バスルームも広く、浴槽で足をゆっくりのばせるようなくつろぎ感も堪能できるでしょう。

広々としたリビングには、床暖房が備わっている物件も。また家主にもよりますが、ソファやカーテンなど家具を残していく方もいるので、引っ越す際もラクチンです。

防音性や耐震性も優れている

一般的な賃貸住宅の建物構造は鉄骨造の物件も多いですが、分譲賃貸だと鉄骨鉄筋コンクリート造の物件が多いようです。

壁が厚く、窓には遮音窓や二重窓などが使用されている物件もあり、騒音や振動による近隣トラブルも生じにくい点も分譲賃貸ならではの特徴でしょう。

また、一生安心して暮らせるよう耐震性能の高い設計となっている物件も多いようです。

居住者のマナーがよい

分譲マンションで暮らす方は、集団自治の意識が高いこともひとつの特徴といえます。

例えば、隣人トラブルなどもできるだけ回避し、お互い一定の距離を保ちつつも付き合っていくためにマナーの良い人が多い傾向にあるようです。

また、一般的な賃貸物件と違って規約もしっかりしているため、ルールを守ろうという意識の高さもマナーの良さにつながっています。

希少だからこそ取扱物件数の多い不動産会社で探す

このようなグレードが高い物件である一方、物件数が少ないのも分譲賃貸の特徴です。

不動産会社のなかにはファミリータイプの分譲賃貸を扱っていないところもあります。

できるだけ多くの物件を扱っている業者に相談し、自分に合った物件を探してください。