TOP » 横浜で分譲賃貸に住むメリット・デメリット

横浜で分譲賃貸に住むメリット・デメリット

分譲賃貸物件について再確認!

横浜で分譲賃貸に住むうえでのメリット・デメリットをまとめました。

その前に、分譲賃貸とはどんな物件なのかを、改めて確認しておきましょう。

分譲賃貸とは、分譲用のマンションを購入したオーナーが賃貸物件として貸し出している物件のことです。

一般的な賃貸物件の場合、投資目的で貸し出すケースが多いですが、分譲賃貸の場合、オーナーの貸し出す目的はさまざまです。

例えば、転勤で海外に赴任することになった、親の介護で地元に帰ることになった、家のローンが払えなくなり収益を得るために貸し出した…などがあります。

こうしたオーナー側の事情を知ることも、分譲賃貸の物件でより長く、より安心して暮らすためには必要な情報のひとつです。

こうしたことも踏まえて、分譲賃貸のメリットとデメリットを紹介します。

分譲賃貸物件のメリット

●グレードの高い共用スペース

外観デザインや植栽のあるエントランスなど、おしゃれでステータス感のある物件が魅力のひとつ。セキュリティ面も充実しています。

●充実した内装設備

システムキッチンや床暖房が標準機能として備わっている物件も。そこで一生暮らすことを想定したマンションなので、設備も充実しています。

●優れた防音性・耐震性

鉄筋コンクリート造で壁が厚く、遮音窓や二重窓など防音性の高い建物が多いです。また、一生安心して暮らせるよう耐震性にこだわった物件も増えています。

●居住者のマナーがよい

一般的な賃貸物件と比べ集団自治の意識が強く、さまざまな規約ルールを守るなど、マナーの良い住人が多いことも分譲賃貸物件のメリットでしょう。

分譲賃貸物件のデメリット

●家賃が高い

グレードが高く設備も充実しているため、周辺にある同じ築年数・間取りの賃貸物件と比べて家賃は高いです。

●規約が多い

マンション全体の規約に加え、オーナーとの規約も守る必要があります。ルールが多いことが、借り手側からするとデメリットになることもあるでしょう。

●オーナーとトラブルになることも

よくあるトラブルが「退去問題」です。特に、契約内容をしっかり確認しなかったことが原因でトラブルに発展するケースが多いようです。